ドッグフード

アレルギーの犬に評判のドッグフードを比較!おすすめのドッグフード3つ紹介

こんにちわ。
犬の管理栄養士めいです。

アレルギーが心配な犬におすすめのドッグフードの選び方などをまとめて紹介します。

私の詳しいプロフィールはこちらです。

アレルギーの原因の一つに食物アレルギーがあります。
アレルギーが心配な犬にはアレルギーの原因となる食材を避けてあげる必要があります。
アレルギーを起こしやすい食材を知って、ドッグフードを選んであげましょう。

アレルギーになりにくいドッグフードは?

犬のアレルギーは、40%もの犬が何かしらのアレルギーを持っていると言われています。

  • 皮膚を痒がる
  • 皮膚が赤くなる
  • フケが出る
  • 毛が抜ける
  • 下痢をする
  • 嘔吐する

犬にこんな症状が見られたら、アレルギーを起こしているかもしれません。
アレルギーの原因をアレルゲンと言いますが、何に対してアレルギーを起こしているかは動物病院で検査する他に知る方法はありません。

しかし、犬にはアレルギーを起こしやすいとされる食材がいくつかあり、アレルギーが心配な犬は食事でその食材を避けるという対策ができます。

犬がアレルギーを起こしやすい食べ物

  • 牛肉
  • 乳製品
  • 小麦
  • トウモロコシ
  • 大豆
  • 添加物など

犬が何に対してアレルギーを起こす可能性があるかは、動物病院で検査するしかありませんが、まずはアレルギーの原因となりやすい食材を避けてあげるのがおすすめです。

犬がアレルギーを起こしやすい食材については、3つの分類ができます。

  1. 穀物
  2. タンパク質源
  3. 添加物

犬は穀物を消化する酵素を持っていないので、消化に負担がかかります。
小麦やトウモロコシは犬の消化に悪いものです。
さらに小麦はグルテンを多く含むのでアレルギーを起こしやすいです。

タンパク質は植物性と動物性の2種類がありますが、大豆は犬の消化に悪くアレルギーを起こしやすいものです。
動物性タンパク質は犬にとって重要な栄養素ですが、牛肉はアレルギーを起こす可能性が高いものです。
さらに、色々な種類の肉などを混ぜて作った「〇〇ミール」にはアレルギーを起こす危険が高いものが多いので要注意です。
タンパク質源はシンプルかつ明確に表示されているものが良いでしょう。

添加物には危険性が指摘されているものもあり、ドッグフードに使われている添加物には要注意です。
危険な添加物は免疫を壊してしまい、アレルギーの原因にもなります。

アレルギーの犬に評判のドッグフードを比較

アレルギーの犬に評判のドッグフードを比較してみました。
比較した点は、わかりやすく3つです。

  • グレインフリーか?
  • タンパク質は程アレルゲンか?
  • 添加物の危険性は?

全ての穀物が犬にとってアレルギー源になる訳ではありませんが、小麦を使っているものはアレルギーの犬にはお勧めできません。
グルテンを含むか、少量含むかという判断は難しいので、アレルギーの心配な犬にはグレインフリーのドッグフードが良いでしょう。

商品名 穀物 タンパク質 危険性
ロイヤルカナン × × ×
カナガン なし
モグワン なし
サイエンスダイエット × ×
ブルーバッファロー × × ×
ピュリナワン × ×
ドクターズチョイス × ×
アカナ なし
ニュートロ × ×
ナチュラルバランス × ×
ユーカヌバ × ×
ソルビダ × × なし
K9ナチュラル なし
ペティオ × × ×
アーテミス なし

 

アレルギーの犬におすすめのドッグフードを紹介

犬がアレルギーを起こしにくいドッグフードを選ぶポイントは3つ。

  1. 小麦などを使わずグルテンフリーか?
  2. 動物性タンパク質は何か?
  3. 危険な添加物は使っていないか?

この3つの評価点をまとめて、アレルギーの心配な犬におすすめのドッグフードを3つ紹介します。

1位アランズナチュラル
ナチュラルドッグフード ラム肉
アランズナチュラルはラム肉を使ったドッグフードなので、アレルギーが心配な犬におすすめのドッグフードです。
ラムはアレルギーを起こしにくい食材です。
アランズナチュラル(ラム)はアレルギー源となる材料を使わないのがおすすめポイントです。
穀物は玄米、全粒大麦を使うことで、グルテンフリーを実現しています。
おすすめ度
アレルゲン グルテンフリー
動物性タンパク質 ラム
1袋の値段 2kg 3960円
100gあたり値段 198円

詳細ページ公式ページ

2位モグワン
モグワンドッグフード
モグワンはグレインフリーで、グルテンの心配がありません。
グルテンのアレルギーが気になる犬におすすめです。
タンパク質は平飼いチキンと北欧のサーモン。余計なものを使わない動物性タンパク質源です。
チキンアレルギーでないなら、モグワンがおすすめです。
おすすめ度
アレルゲン グレインフリー
動物性タンパク質 平飼いチキン・北欧のサーモン
1袋の値段 1.8kg 3960円
100gあたり値段 220円

詳細ページ公式ページ

3位いぬはぐ
いぬはぐ
いぬはぐは消化の良さを考えたドッグフードです。外国産のドッグフードが合わない犬もいるので、国産ならいぬはぐがおすすめです。
アレルギーは免疫の異常が考えられるので、腸内環境を整えるのも大切です。
いぬはぐはグレインフリーではありませんが、玄米と白米なのでグルテンフリーです。
穀物からエネルギー補給をしながら安心して食べさせられます。
おすすめ度
アレルゲン グルテンフリー
動物性タンパク質 チキン・ターキー
1袋の値段 1.5kg 2980円
100gあたり値段 198円

詳細ページ公式ページ

アランズナチュラルドッグフードがアレルギーの犬におすすめな理由

アランズナチュラルドッグフードがおすすめな理由は3つ。

  • アレルギーになりにくい材料で作られている
  • 肉の品質にこだわっている
  • 危険な添加物を使わない

アランズナチュラルドッグフードは、アレルギーになりにくいように作られたドッグフードです。
自然給餌」という理論に基づいて作られたドッグフードで、ミネラルでさえも人工的な添加物は使われていません。

ドッグフードは長く食べ続けるものなので、人工添加物やアレルギーの原因となるものが入っているとすぐにはなんともなくてもいつかアレルギーを起こしてしまいます。

アレルギーを起こさないためにも、アレルギー源となるものを使わないドッグフードを選ぶというのがおすすめです。

アランズナチュラルドッグフードの原材料にはラム肉が使われています。
ラムにアレルギーがある犬にはおすすめできません。

アレルギーの相談は獣医さんに

アレルギーの原因を特定するには、獣医さんで検査してもらうしかありません。
アレルギーの症状がひどい場合は検査の結果でアレルギーの原因を知って、アレルギーの原因を除去した食事を与えます。

アレルギーが心配な犬には、犬がアレルギーを起こしやすい食材を使わないドッグフードを選んであげましょう。

アランズ公式サイトを見る