手作りフード

【手作りフード】犬が食べてはいけない野菜に注意!危険な食べ物まとめ

犬に食べさせてはいけないものを紹介します。

犬が食べてはいけない野菜・玉ねぎ

玉ねぎには犬にとって有害な成分があり、加熱した玉ねぎも食べさせてはいけません。
他の物と一緒に調理した汁(スープ)に玉ねぎのエキスが入っているので、手づくりフードを与えるときには注意が必要です。

ハンバーグなどの加工肉にも玉ねぎが含まれているので、人間の食べ物として売られているものは犬に食べさせないようにしましょう。

犬が玉ねぎを食べたり玉ねぎのエキスを摂取してしまうと、血尿や下痢、嘔吐を引き起こすことがあります。

犬が食べてはいけないブドウ

ブドウは犬に食べさせてはいけません。
腎不全の原因となります。

特にブドウの皮は絶対に食べさせてはいけません。
干しブドウも同じく、食べさせてはいけません。

犬に食べさせてはいけないキシリトール

キシリトールは人間の虫歯予防にも使われていますが、犬には食べさせてはいけません。
犬にとってキシリトールは有害で、虫歯の予防などのメリットはありません。

犬が少量でもキシリトールを摂取してしまうと、血糖値が低下したり嘔吐することがあります。
肝不全の原因にもなります。

犬に食べさせてはいけない香辛料

人間にとって香辛料は食欲を増加させるメリットがありますが、犬にとっては有害なので食べさせてはいけません。
犬は香辛料に対する耐性がなく、肝臓障害を引き起こします。

犬に食べさせてはいけない鶏の骨

手羽元などは犬の好物というイメージがありますが、鶏の骨は犬に与えてはいけません。
鶏の骨は折れやすく、折れたときに鋭利な形になって犬の喉や内臓を傷つける恐れがあります。

犬に鶏を与える場合は、必ず骨から身を外します。

犬に食べさせてはいけない要注意の食べ物

絶対に犬に食べさせてはいけない、というわけではありませんが、犬に食べさせるときには注意が必要なものもあります。
犬が喜ぶとしても、食べさせ過ぎると危険な食べ物を紹介します。

海老・カニ・イカなど魚介類、甲殻類

生の魚などは消化に悪いため、嘔吐や下痢を起こすことがあります。
喉につまらせることもあるので、食べさせたいときは必ず加熱します。

ほうれん草

ほうれん草は犬にとって尿石症の原因になります。
ほうれん草に含まれるシュウ酸が原因です。
茹でてあく抜きをすることでシュウ酸を減らすことができますが、あくまでも「減る」だけなので与えないほうが良いですね。

生の豆、ナッツ

生の豆やナッツは犬にとって消化が悪いので、下痢や嘔吐を起こすことがあります。

豆といえば大豆もそうですが、豆腐や納豆は消化には良いです。
しかしマグネシウムが多く含まれているので、結石になりやすいとも言われています。

チョコレート

犬にチョコレートは食べさせてはいけません。
チョコレートに含まれる成分で、下痢や嘔吐、発熱、けいれんを起こすことがあります。
犬は甘いものが好きなので、テーブルに出しっぱなしにしていると勝手に食べてしまうことがあるので注意が必要です。

カフェイン

カフェインはコーヒーや紅茶、緑茶などに多く含まれています。
カフェインは犬にとって良くないので、カフェインの含まれるものを食べさせたり飲ませてはいけません。

犬がカフェインと取ってしまうと、下痢や嘔吐、体温不調、多尿、尿失禁、テンカンの発作を起こすことがあります。

生卵

犬に生卵を食べさせると、その成分により皮膚炎や成長不良になることがあります。
犬に生卵を食べさせてはいけません。

卵はしっかりと加熱すれば大丈夫です。

砂糖

犬は甘いものが好きなのすが、砂糖を犬に食べさせてはいけません。
砂糖の糖分を吸収するために体内のビタミンB1とカルシウムが多く使われて、ビタミンB1とカルシウムの不足を起こしてしまいます。

ビタミンB1欠乏症やカルシウムの不足を起こしてしまうので、余分な砂糖を食べさせてはいけません。

にぼし、海苔

にぼしや海苔は、犬にとってマグネシウムが多すぎるため、注意が必要です。
マグネシウムの取りすぎは、尿路疾患の原因になります。

アボカド

アボカドにはペルシンという殺菌作用のある物質が含まれていて、これが犬にとっては毒となります。

人間には栄養も豊富で、メリットの多い食べ物ですが、犬にとっては毒となる成分が含まれているので食べさせてはいけません。

日本で流通しているアボカドはこの成分が多いので、手づくりフードを食べさせるときにはアボカドを入れないようにします。

犬に食べさせてはいけない食べ物まとめ

犬に食べさせてはいけない食べ物の中には意外なものもあったのではないでしょうか。

私たちにとってはメリットの多い食べ物が、犬にとっても良い食べ物とは限りません。

犬にドッグフード以外のものを食べさせるときには、食べさせてはいけないものをしっかりと注意してくださいね。

犬の管理栄養士
犬の管理栄養士
手作りフード派の飼い主さんには、お肉の取り寄せがおすすめです!

手作りフードには高タンパク・低カロリーの鹿肉がおすすめ。
鹿肉などジビエが犬に良いことは知っていても、スーパーではなかなか出会えないし、取り寄せも高いですよね。

でも私が使っているこちら↓なら、人間でも大丈夫な品質でありながら飲食店などに卸すには規格外となってしまうものなので割安で購入できます。

>>愛犬・愛猫のための新鮮な野生の鹿・猪