ドッグフード

犬のアレルギー対策におすすめのドッグフードは?

犬の体調不良、気になりますよね。

犬の管理栄養士、めいです。
大切なわんちゃんのアレルギー、気を付けてあげたいですよね。

私の詳しいプロフィールはこちらです。

犬のアレルギーの原因や症状、対処法などを紹介します。

犬のアレルギーの原因はドッグフード?

犬にもアレルギーがあります。
アレルギーとは、免疫の異常でアレルゲン物質に過剰反応してしまうことです。

アレルギーの原因の原因はノミやダニであったり、食物である可能性もあります。

食事がアレルギーの原因になっているわんちゃんは、40%もあります。
粗悪なドッグフードが原因でアレルギーが発症することもあるのです。

犬のアレルギーの症状とは?

犬のアレルギー症状はさまざまです。

  • 発疹
  • 皮膚の赤み
  • 脱毛
  • 鼻水
  • 下痢

特に多いのが、皮膚の異常です。
アレルギーの症状としてフケが出たり、かゆみが出たりすることもあります。

また、消化器官に異常が出た場合は下痢や嘔吐がアレルギーの症状として出る場合もあります。

犬のアレルギーの原因は?

犬のアレルギーを調べるには検査が必要です。
アレルギーの原因となるものはたくさんあります。

  • ノミ
  • 花粉
  • ハウスダスト
  • 小麦
  • トウモロコシ
  • 鶏卵 など

例えばこんなものがアレルギーの原因になります。
肌に触れる以外でも、食べたり呼吸と一緒に吸い込むことでアレルギーの原因になることがあります。

犬のアレルギー対処法は?

犬のアレルギーのほとんどは食事からと言われています。
アレルギーの原因が他にある場合もありますが、「良く食べるものほどアレルギーになりやすい」とも言われています。
犬の食事、つまりドッグフードを見直すことで、アレルギーの対策になります。

アレルギーになったら可哀想ですよね・・

犬がアレルギーを起こしやすい食材を知って、アレルギー対策をしてあげましょう。

犬がアレルギーを起こしやすいドッグフードの食材は?

犬がアレルギーを起こしやすい食材は以下の通りです。

  • 小麦
  • トウモロコシ
  • 乳製品
  • 鶏卵
  • 牛肉 など

犬がアレルギーを起こしやすい食材は、小麦がほとんどだそうです。
小麦は多くのドッグフードの主な原材料でもあります。

小麦やトウモロコシはアレルギーを起こしやすいにもかかわらず、かさ増しして生産コストを抑えるために必要なんですね。

アレルギーになりやすいのに・・ひどい!

これに加えて添加物もアレルギーの原因になります。
添加物には、免疫を壊すものもあり、免疫が壊れるとアレルギーを起こしやすくなります。

食材そのものよりも、食材の品質や添加物のほうが重要かもしれません。

犬がアレルギーを起こしやすい1・肉

犬がアレルギーを起こしやすい食材に肉が挙げられます。
特に牛肉がアレルギーのわんちゃんもいます。

しかし、粗悪なドッグフードには本来なら食べられない肉も含まれています。
病気で死んだ家畜の肉腐った肉など、粗悪なドッグフードによってアレルギーになる場合もあります。

犬がアレルギーを起こしやすい2・小麦

犬がアレルギーを起こしやすい食材に小麦が挙げられます。
小麦にはグルテンというアレルゲン物質が含まれているからです。
トウモロコシにもグルテンがあります。

多くのドッグフードには、かさ増しのために小麦やトウモロコシがたくさん含まれています。
小麦やトウモロコシにアレルギーを持つわんちゃんに、そんなドッグフードを与えたら・・アレルギーを起こして可哀想ですよね。

犬がアレルギーを起こしやすい3・危険な添加物

犬がアレルギーを起こしやすいものに危険な添加物が挙げられます。
ドッグフードに使われる添加物には、規制がありません。

私たちの食品への添加物はある程度規制がありますが、ドッグフードにはどんな添加物でも良いことになっているのです。
安全性の確認されていない、むしろ危険性が指摘されているような添加物でも、ドッグフードになら使ってもいいことになっています。

害のある添加物が犬の免疫を壊してしまってアレルギーを起こしやすいんですね。

例えば、保存料や、合成酸化防止剤です。

危険な添加物はこわいです。

アレルギー対策はドッグフードの選び方でできる

犬がアレルギーを起こしてしまうとわんちゃん自身も可哀想ですし、病院に連れていったりお世話も大変になりますよね。

アレルギーになってほしくない!

アレルギーはいきなり起こるというよりも、アレルギーの原因となるものが蓄積されていって発症します。

普段のドッグフードでアレルギー対策をすることで、犬をアレルギーから遠ざけることができるのです。

ドッグフードで出来るアレルギー対策のポイントは3つあります。

  • 品質にこだわったドッグフード
  • カサ増ししないドッグフード
  • 保存料など無添加のドッグフード

ドッグフードで出来るアレルギー対策を詳しく見てみましょう。

品質にこだわったドッグフード

牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉にアレルギーを起こす原因があります。
しかし、もっと気を付けるべきなのが肉の品質です。

病気になった家畜の肉腐った肉など、粗悪なドッグフードには得体のしれない肉が入っています。

そのほうがアレルギーになりそうですよね。

本来なら食べるべきでない肉のドッグフードは、絶対に選ばないようにします

例えば、ミートミールが危険です。
なんの肉かわからないからです。

どんな肉を使っているのか明記しているドッグフードがおすすめです。

カサ増し無しのドッグフード

よくある市販のドッグフードでは、カサ増しのために小麦やトウモロコシを使っていることがあります。

でも犬は小麦やトウモロコシでアレルギーを起こしやすいのす。

アレルギーの原因となるものはできるだけ避けた食生活を送ることがアレルギー対策になります。

保存料など無添加のドッグフード

ドッグフードに使う添加物には規制がなく、有害な添加物が含まれる場合もあります。
保存料や合成酸化防止剤は発がん性が指摘されている危険なものも、ドッグフードには平気で使われていたりします。

危険な添加物を使っていないか?飼い主さんがしっかりチェックしてあげてください。

アレルギー対策におすすめのドッグフードは?

大切な家族のために、アレルギーの原因となるものを避けた食事を用意したいですよね。
アレルギー対策におすすめのドッグフードはドクターケアワンです。

ドクターケアワンがおすすめな理由は、

  • 保存料など無添加!
  • 原材料にこだわっている!
  • カサ増し無し!
  • ヒューマングレード!
  • 消化のよさにこだわっている!
  • 肉の品質にこだわっている!
一生懸命に食べている姿も愛しいですよね。

 
Drケアワン公式サイトはこちら