ドッグフード

いぬはぐの口コミ評判は?犬の管理栄養士がいぬはぐを徹底検証

こんにちわ。犬の管理栄養士、めいです。

愛犬とできるだけ長く一緒にいるためにはドッグフード選びも重要だと気づきました。
犬は喋れないから、飼い主である私たちに犬の健康を守る責任がありますよね。

今回は、いぬはぐというドッグフードを徹底検証してみます。

私のプロフィール詳しくはこちらです。

いぬはぐの特徴は?

価格 定期便※2980円(1.5kg)
販売会社 株式会社ペットハグ
1kgあたり値段 約1986円
特徴 犬の腸内環境を考えたドッグフード。

※定期便での注文で1袋2980円で購入できます。
定期縛りがないので、1回きりで解約することもできます。

いぬはぐの原材料は?

鶏肉、玄米、白米、ターキー、アルファルファ、チキンエキス、鶏脂、ミネラル類、ビタミン類、クリノプチロライトクレイ、サーモンオイル、ベータグルカン、アミノ酸、マリーゴールド、グルコサミン、MSM(メチルスルホニルメタン
)、コンドロイチン、マンナンオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、ユッカエキス、オオバコ種子パウダー、リンゴ、プロバイオティクス

いぬはぐの原材料の中で、「これ何?」と思ったものを紹介しますね。

クリノプチロライトクレイ

クリノプチロライは天然ゼオライトのことで、鉱物です。
クレイは泥という意味ですね。

クリノプチロライトは、ゼオライトという鉱物で、乾燥剤などに使われます。
飼育添加剤にも使われる添加物ですが、今のところ危険性は指摘されていません。

βグルカン

βグルカンは、簡単にいうと腸内環境を整える効果があるものです。

メチルスルホニルメタン

メタンと聞くと危険そうに聞こえますが、自然の中にある成分です。

メチルスルホニルメタンは、緑黄色野菜など自然のものの中に存在する成分です。
体内でコラーゲンなどを作り出す時に使われたりします。

いぬはぐは安全なドッグフード?

いぬはぐは安全なドッグフードと言えるのか、犬の管理栄養士としての視点から分析すると・・

いぬはぐは安全なドッグフードです。

私がドッグフードの安全性をチェックする時には3つの基準があります。

  • 消化に良いか?
  • タンパク質は高品質は?
  • 危険な添加物はないか?

この3つのポイントでいぬはぐを見ていきます。

消化に良いか

原材料の内容を分析すると、犬の消化に悪いものを使っていないという点がまず安心です。

  • 小麦
  • トウモロコシ
  • ビートバルプ

こういったドッグフードの材料は犬の消化に悪いのですが、いぬはぐには使われていませんでした。
小麦などは食物アレルギーの原因になるので、気をつけたいところです。

たんお悪質は高品質か?

次に、「鶏肉」が原材料の一番最初に来ているのも安心ですね。
○○ミートとか○○ミールという材料を使っているドッグフードも多いのですが、危険なものの可能性が高いので、「何からタンパク質をとるか」ということはしっかりチェックしたいところです。
いぬはぐは鶏肉を使っているので、安心です。

危険な添加物は使っていないか?

いぬはぐは、酸化防止剤として天然由来のビタミンEを使っています。
酸化防止剤としての効力は人工的な酸化防止剤に比べて弱いですが、鶏肉などの脂には酸化防止剤が必要なので、最低限のビタミンEを使っているという印象ですね。

人工の酸化防止剤や保存料は発がん性が指摘されているものもあり、危険です。

いぬはぐには危険な添加物が使われていないので安心です。

いぬはぐはこんな犬ちゃんにオススメ!

いぬはぐは、原材料をチェックしてみると安全なドッグフードであることがわかりました。

いぬはぐはこんな犬ちゃんにおすすめです。

  • うんちが気になるワンちゃん
  • 嘔吐が気になるワンちゃん
  • グルコサミンなどが配合されたドッグフードがいいワンちゃん
  • 腸内環境に関心が高いワンちゃん

いぬはぐ公式サイトを見る