ペット保険

日本ペット共済のペット保険、口コミは?

ペット保険にも共済があります。

「日本ペット共済」について詳しく紹介します。

 

ペットには健康保険がないんですよね。
任意でペット保険に入っておかないと、病院に行ったときにびっくりするような高額の医療費を払うことになります。

最初のわんちゃんのときはペット保険に入ってなくて、70万は使いました・・

ペット保険に加入することはおすすめですが、ペット保険には種類が多いので自分の考え方に合った保険を探す必要があります。

なんとなくペット保険に入ると、予期せぬトラブルに合ったりもします。

自分でも調べてからペット保険に入るのがオススメです。

日本ペット共済のペット保険についてまとめましたので、ペット保険に入ろうかな~と思っている方は一度読んでみてもらえたらと思います。

日本ペット共済の特徴や補償内容は?

日本ペット共済のペット保険には3つのプランがあります。

  • シルバープラン
  • ゴールドプラン
  • プラチナプラン

日本ペット共済は、通院・入院・手術を補償してくれます。
シルバープランは50%補償、ゴールドプランは70%補償、プラチナプランは100%補償です。

日本ペット共済のペット保険の特徴は以下の通りです。

  • すべてのプランで通院も補償してくれる
  • 継続割引がある

日本ペット共済ならではの特典というのは、なさそうです。

日本ペット共済の保険料は?

日本ペット共済の保険料は、ペットの年齢によって違います。
小型犬と猫しか加入できないペット保険なので、犬種による違いはありません。

例えば・・

  • 0歳
  • 小型犬
  • 50%補償プラン

 

0歳~2歳 1500円
3歳 1900円
4歳 2200円
5歳 2600円

 

通院の補償つきプランで、1500円~という保険料になります。
でも、補償の対象外となる診療もたくさんあるので、必ず申し込みの前には確認したほうがいいです。

保険料が高いかも。他のペット保険はどうなのかな?

日本ペット共済のおすすめ度合は?

日本ペット共済のおすすめ度は、低めです。

理由は3つ。

  • 補償のわりに保険料が割高
  • 補償の対象外が多い
  • 手続きが面倒

ほとんどのペット保険には、充実した補償がついています。

  • 通院の補償
  • 入院の補償
  • 手術の補償

これらの補償は、どのペット保険にもついています。(プランによる)

通院こそペット保険が活躍するのに、通院の補償がないペット保険には意味がないと思います(経験上)

他のペット保険についても調べてみて気づいたのですが、日本ペット共済は保険料が割高です。

日本ペット共済のペット保険、口コミは?

日本ペット共済のペット保険に限らず、ペット保険には「入っていて良かった」という人が多いです。
動物は生きている以上、ケガをしたり病気になったりします。

しかし、日本ペット共済の補償内容には対象外のものがたくさんあります。

  • 歯周病の治療としての歯石取り
  • ダニなどによる皮膚病の治療
  • 治療として行われた肛門絞り

これらは補償の対象外なので、保険金が支払われません。

また、日本ペット共済は保険金の請求手続きが面倒だという口コミがありました。

最近のペット保険は請求手続きも簡単だから・・面倒なのは嫌ですね。

ペット保険は日本ペット共済だけじゃない!

国内でペット保険を販売しているのは、13社あります。(2018年現在)

損保会社でペット保険を販売しているのが4社、それ以外のペット保険を販売しているのが9社あります。

どのペット保険が必要なのか、比較してみるのがおすすめです。

無料で一括資料請求ができます。
また、資料請求したあとに、インターネット申込みをするとプレゼントがもらえます。

ペット保険の資料請求はこちら!保険スクエアbang公式サイトへ