高齢犬

老犬が長生きする秘訣は?健康チェックで長生きを目指そう

こんにちわ。犬の管理栄養士、めいです。

犬は喋れないから、飼い主である私たちが犬の健康を守ってあげないとですよね。
高齢犬が長生きするための秘訣を私なりに紹介します。

私のプロフィール詳しくはこちらです。

老犬が長生きするためには?

犬は人間よりも寿命が短いですよね。
ほとんどの飼い主さんが、老犬になった家族と別れる経験をするでしょう。

犬の寿命は犬種によってだいたい決まっていますが、できるだけ長く、健康に生きてほしいですよね。
老犬が健康で長生きするためには、健康チェックが欠かせません。

毎日よく観察してあげることで、病気を防いだり、早期発見できたりするからです。

老犬が健康に長生きするために必要な健康チェック。

チェックポイントを紹介します。

長生きのためのチェックポイント1・体重

老犬になると代謝が落ちたり運動不足になって肥満になりやすくなります。
肥満は万病のもとなので、体重のチェックは欠かせません。

老犬になるとダイエットも難しくなるので、肥満にならないように体重チェックをしてあげましょう。

その犬が1歳のときの体重が、その犬にとって適正な体重です。
1歳の体重がわからない場合は、犬種によって標準体重がありますから目安にしてください。

小型犬の場合は人間用の体重計では計測が難しいので、赤ちゃんの体重計(スケール)で計測するのがおすすめです。
犬用の体重計も、あります。

長生きのためのチェックポイント2・目

老犬になると、目の病気が増えます。

老犬の目の病気を防ぐためにも、目の健康チェックは毎日しましょう。

  • 目が白濁していないか?
  • 目やにが出ていないか?
  • 目をかゆがっていないか?
  • 目を痛がっていないか?
  • 目は潤っているか?

こんなことに気をつけながら、老犬の目を見てあげます。
目の病気には早期発見によって進行を遅らせたりするので、老犬の負担を軽減することにも繋がります。

老犬に多い目の病気は、主に3つ。

  • 白内障
  • 結膜炎
  • ドライアイ

その他にも、目の周りが汚れていたら、濡らしたガーゼなどで優しく拭いてあげましょう。

目の周りに汚れが付いたままだと、目を傷つけたり病気になる危険が高まります。
目の周りをいつも清潔に保つためにも、目の健康チェックは欠かせません。

長生きのためのチェックポイント3・耳

老犬は免疫力が落ちているため、耳に雑菌が繁殖しやすい状態になっています。
犬の耳は私たちが思っているよりも汚れやすいものです。

また、たれ耳になっている犬は耳のトラブルが起こりやすいので要注意です。

定期的に耳の健康チェックをしてあげることで、耳の病気を防ぐことができます。

  • 耳が汚れていないか?
  • 耳から悪臭がしないか?

老犬の耳掃除は、綿棒ではなくガーゼで行います。
ガーゼを指に巻き付けて、優しく耳の中を拭いてあげましょう。

もし、老犬の耳から悪臭がしたりベタベタしている場合にはすぐ獣医さんに診察してもらいます。

長生きのためのチェックポイント4・歯

老犬が健康に長生きするためには、歯のチェックも欠かせません。
老犬のほとんどが歯周病になっているというデータがありますが、歯周病が進行してくると、痛みで食事ができなくなってしまいます。

  • 歯茎は健康なピンク色か?
  • 歯石は付いていないか?

老犬になると唾液が減るので、口の中が不衛生になりがちです。
そのため、歯周病も進行しやすい状態です。

老犬の歯磨きはできれば毎日してあげましょう。
歯石が取れないようなら獣医さんに相談してみましょう。

長生きのためのチェックポイント5・爪

老犬になると関節が弱くなったりします。
足元の安全を確保するという意味でも、爪のお手入れは欠かせません。

爪が長いと歩きにくく関節を痛める危険があります。
また長くなった爪が肉球に刺さってけがをするという危険もあります。

月に1回は爪を切りましょう。

犬の爪は筒状になっていて、血管が通っています。
爪を伸ばしていると血管も伸びてくるので、切ったときに出血してしまうこともあります。

獣医さんに診てもらうか、定期的にトリミングに行って爪を切ってもらうのがオススメです。

老犬が健康に長生きする秘訣

老犬が健康に長生きするためには、健康チェックが欠かせません。
しかし、「よし、今から健康チェックをするぞ!」と身構えると楽しくないので続かないですよね。

老犬も飼い主さんも、両者が楽しみながら健康チェックできるのが長生きの秘訣です。

  • 毎日ブラッシングしながらチェックする
  • 愛情マッサージをしながらチェックする

老犬になっても飼い主さんのことが大好きなので、愛情を持って触ってあげることで楽しくチェックができます。

楽しみながら、老犬の健康を守ってあげてくださいね。

あわせて読みたい
老犬におすすめのドッグフードは?高齢犬のためのフードの選び方を管理栄養士が徹底解説 老犬には高齢犬用のドッグフードがおすすめな理由 ドッグフードには成犬用と高齢犬用がありますよね。 7歳ぐらいからを老犬(シニア犬...