マルチーズ

マルチーズのブラッシングのコツは?ブラッシングの効果ややり方は?

マルチーズはサラサラで長い毛が特徴の犬です。
サラサラで長い毛は絡まりやすいので、ブラッシングが欠かせません。

マルチーズのブラッシングについてコツなどを紹介します。

ブラッシングの効果とは?

マルチーズには換毛期があり、たくさんの毛が抜け落ちる季節があります。
しかし、それ以外の時期でも私たちと同じように少しずつ毛が抜けては生えてくるので、定期的なブラッシングが必要です。

マルチーズの毛はサラサラで長いので、毎日ブラッシングしないといけません。
ブラッシングには主に2つの効果があります。

  • 見た目を美しくする
  • 皮膚の健康を保つ

ブラッシングの効果を詳しくみてみましょう。

見た目を美しくする

マルチーズはサラサラの毛が特徴の犬です。
マルチーズの美しさは、ブラッシングなしではありえません。
ブラッシングにはマルチーズの毛をサラサラに保つ効果があります。

ブラッシングしないと、サラサラの毛は絡まってしまってしまいます。

皮膚の健康を保つ

ブラッシングには汚れを落とす効果があります。
ブラッシングによってフケなどを落とします。
汚れを落とすことで、皮膚の健康を守る効果があるのです。

マルチーズの毛は絡まりやすいので、ブラッシングによって絡まりを取るという効果もあります。
毛が絡まった状態で放置すると、引っ張れて皮膚を傷つけてしまいます。

マルチーズをブラッシングするコツは?

マルチーズには毎日のブラッシングが欠かせません。
でも、ブラッシングに慣れないうちは「面倒だなぁ」と感じることもあるでしょう。

ブラッシングはコツさえ抑えて慣れれば、マルチーズにとってスキンシップの時間にもなります。
マルチーズのブラッシングのコツは3つです。

  • 力任せにしない
  • 優しくする
  • テキパキする

マルチーズのブラッシングに必要なものは?

  • スリッカー・ブラシ
  • 獣毛ブラシ
  • ペット用ハサミ

ブラッシングの流れを知っておくだけで、毎日のブラッシングがテキパキとできるようになります。
では、マルチーズのためのブラッシングの流れを紹介します。

  1. 毛のもつれを取るブラッシング
  2. 毛の流れにそうブラッシング
  3. 絡まりをカット

毛のもつれを優しくブラッシング

まず、スリッカー・ブラシを使います。
スリッカーブラシは先端が針金のように細いので、痛そうと思うかもしれません。
マルチーズにブラシを当てる前に、自分の手で力加減を試してみましょう。

まずは絡まっている毛などを優しくブラッシングしていきます。
少しずつ、毛の絡まりを取っていきます。

毛が絡まっている部分を強く引っ張ってはいけません。

毛の流れに沿ってブラッシング

次に、獣毛ブラシを使います。
毛の流れに沿って全体をブラッシングします。

優しく全身をブラッシングしてあげると、マルチーズも気持ちよくて喜ぶはずです。

絡まった毛はハサミでカット

毛が絡まって取れない場合は、無理に引っ張って取ろうとしてはいけません。
力任せに引っ張ると、皮膚を傷つけてしまいます。

絡まったまま放置するのも、皮膚を傷つけてしまうのでハサミでカットしましょう。

皮膚が傷つくと、炎症を起こしたり皮膚病の原因になってしまいます。

マルチーズのカットは?

マルチーズは定期的にトリミングに行くのがオススメです。
月に1回トリミングに行けばシャンプーもしてもらえるし、爪も切ってもらえます。

マルチーズは目の上の毛をトリマーさんにくくってもらうのもオススメです。
リボンなどをつけるのは可愛いだけでなく、目を守るという役目もあります。

ブラッシングでマルチーズの健康を守ろう

マルチーズはサラサラの毛で絡まりやすいので、毎日のブラッシングが必要です。
毛が長いとブラッシングが大変という飼い主さんは、マルチーズの毛を短くカットしてもらっている人もいます。
マルチーズの毛を短くカットする場合は、トリミングに連れて行きましょう。

ブラッシングはマルチーズの見た目を美しく保つだけでなく、皮膚の健康を守るためにも必要がことです。
ブラッシングのコツや流れを抑えて、マルチーズとのスキンシップの時間として楽しんでほしいと思います。

あわせて読みたい
犬の健康を守るのは私たち飼い主!本当におすすめのドッグフードランキング当サイト「ハッピードッグ」では、人気のドッグフードの成分を徹底的に分析し、本当に愛する家族(犬)に食べさせられるかという基準で比較しています。このランキングを見ることで、犬の健康を守るために私たちができることがわかり、どのドッグフードを選べばいいかわかります。...