危険な添加物

ミートミールは危険?ドッグフードに使われるミートミールの真実。家禽ミールは安全?

こんにちわ。犬の管理栄養士、めいです。

愛犬とできるだけ長く一緒にいるためにはドッグフード選びも重要だと気づきました。
犬は喋れないから、飼い主である私たちが犬の健康を守ってあげないとですよね。

今回は、ドッグフードに使われるミートミールについて解説します。

私のプロフィール詳しくはこちらです。

ミートミールとは?

ミートミールというのは、和訳すると「肉粉」です。
ミートミールとは、肉を乾燥して粉状にしたものです。

ミートミールは危険だという意見もありますが、ドッグフード(ペットフード)についての基準を決めているAAFCOによると、ミートミールにも基準があります。

“Meat Meal is the rendered product from mammal tissues, exclusive of any added blood, hair, hoof, horn, hide trimmings, manure, stomach and rumen contents except in such amounts as may occur unavoidably in good processing practices. It shall not contain extraneous materials not provided for by this definition. …. {the definition goes on to include the required mineral specifications and required nutrient guarantees}….. If the product bears a name descriptive of its kind, composition or origin it must correspond thereto.”
出典:AAFCOより

余分な血液、髪の毛、蹄、角、皮のトリミング、肥料、胃およびルーメンの内容物を除く、哺乳類の組織からのレンダリング製品。

ネットの情報によると、ミートミールには何でもかんでも含まれているという情報もありますが、AAFCOによるとミートミールにも決まりがあります。
AAFCOの基準に沿ったミートミールは毛や羽、蹄やツノなどは含みません。
腸の内容物(うんち)なども含みません。

ただし、哺乳類の種類については決まりがありません。

ミートミールは危険?

ミートミールは危険かというと、全てのミートミールが危険とは限りません。
AAFCOの基準に沿ったミートミールには副産物を含まないことになっていますし、ペットフード製造工場に出荷される前に有害なバクテリアを破壊する工程を経ています。

かといって、ミートミールが安全だと言い切るつもりもないのですが・・。

では、どうしてミートミールが危険だと言われるのでしょうか。
ミートミールはどの哺乳類のミートなのかが不明という不安感があり、危険というイメージに結びついているという点もあります。

また、実際に不明な点が多いので、危険だとも言えます。

  • 健康な動物だったのか?
  • 殺菌されるときの薬剤は?
  • 4Dミートを使っていない?

ミートミールの不明な点を挙げてみました。
「健康な動物でした!」とか、「殺菌につかている薬剤は〇〇です!」とか、「4Dミートを使っていません!」と明言してくれていれば、ミートミールは危険ではないと言えるのですが、そこを明記する規則がないので、危険だとも言えるのです。

ミートミールの危険性について詳しくみてみましょう。

健康だったかどうか不明なので危険

ミートミールの材料になる動物が、健康だったのか不明なので危険性があります。
ミートミールを安く製造するために、ホルモン剤や抗生剤を大量に使った動物を材料にしているかもしれません。

出荷される前に殺菌される危険

ミートミールはドッグフードの製造会社へ出荷される前に殺菌されることになっています。
これはAAFCOの規定で決まっているのですが、何の薬剤で殺菌されるのかわからないのが危険です。

ミートミールは人間の食べ物にはなりませんから、人間には使ってはいけないような危険な薬品で殺菌している危険もあります。

4Dミートを含む危険

ミートミールには、4Dミートを使ってはいけないという規定がありません。
4Dミートとは、

  • Dead:死骸
  • Deseased:病気の
  • Dying:死にかけの
  • Disabled:障害の

こんな動物を4Dミートと呼びます。

全てのミートミールに4Dミートが使われているというわけではないのですが、4Dミートが含まれる危険性もあります。

ミートミールに4Dミートを使ってはいけないという規則がないのですから。

家禽ミールは?

ミートミールに似たものとして、家禽ミールというものがあります。
家禽ミールは、家禽=鳥類のミールです。
ミートミールは、どんな哺乳類でも良いのですが、それを鳥類に限れば家禽ミールということになります。

チキンミールは鶏のミール、フィッシュミールは魚のミールということです。

しかし、どの動物かが明記できるからといって4Dミールを使っていないという理由にはなりません。

チキンミールの場合は、新鮮鶏肉などと書いている場合は4Dミートではないので、そういったドッグフードを選ぶのが良いでしょう。

フェザーミールは危険

〇〇ミールの中で気をつけたいのが、フェザーミールです。
私は今まで100種類ほどのドッグフードを調査してきましたが、いくつかのドッグフードでフェザーミールを使っているドッグフードがありました。

フェザーミールは羽を乾燥させて粉状にしたもので、犬の消化にはかなり悪いので、フェザーミールを使っているドッグフードは買わないほうがいいです。

危険な〇〇ミールを見分ける方法

全てのミートミールが危険というわけではないのですが、危険なミートミールが存在するのも確かです。
ミートミールだけでなく、チキンミールや家禽ミールなどにも危険なものがあります。

危険なドッグフードを避けるために、安全性の高い材料を見分ける方法を紹介します。

  • AAFCOの基準に合格している
  • 危険な保存料などを使っていない
  • 着色料などを使っていない

危険なミートミールを避けるためのチェックポイントを詳しくみてみましょう。

AAFCOの基準に合格している

AAFCOでは、ミートミールに関しても基準を設けています。
AAFCOの基準に合格していることが、危険なミートミールを避けるためのチェックポイントでもあります。

危険な保存料などを使っていない

危険な保存料などを使っていないかもチェックポイントです。
保存料なら、ソルビン酸Kなどは危険な保存料です。
酸化防止剤ならBHAやBHTが危険な酸化防止剤です。

危険性が指摘されているものを使っていないかも、重要なチェックポイントです。

着色料などを使っていない

着色料などを使っていないかも、ミートミールが危険かどうかを見極めるポイントです。
着色料は、犬にとって不要なものですよね。

犬にとって不要な添加物を足しているのは、安全なドッグフードとは言えません。

全てのミートミールが危険とは限らない

ドッグフードにミートミールが使われているからといって、全てのドッグフードが危険とも限りません。

危険なミートミールかどうかは直接メーカーに問い合わせると曖昧な答えしか返ってこないので判明します。
いちいち電話して確認するのもちょっと面倒ですよね。

危険なミートミールを見極める3つのチェックポイントで確認してみてください。