ドッグフード

マイビットおいしい犬ごはんの評判は?口コミや原材料でドッグフードのおすすめ度がわかる

こんにちわ。犬の管理栄養士、めいです。

愛犬とできるだけ長く一緒にいるためにはドッグフード選びも重要だと気づきました。
犬は喋れないから、飼い主である私たちが犬の健康を守ってあげないとですよね。

今回はマイビットというドッグフードを紹介します。

私のプロフィール詳しくはこちらです。

マイビットおいしい犬ごはんとは?

マイビットおいしい犬ごはんは、ペットラインが販売するドッグフードです。
マイビットおいしい犬ごはんは岐阜県で作られたドッグフードなので、もちろん国産です。

本当におすすめできるドッグフードなのか、マイビットおいしい犬ごはんを徹底検証してみます。

参考価格 1645円※オープン価格(10kg)~
主原料 穀類、豆類
動物性たんぱく質 ミート、チキン、ビーフ
小麦など トウモロコシ、小麦
危険な添加物 なし

マイビットおいしい犬ごはんの原材料・成分は?

マイビットおいしい犬ごはんが犬にとって本当におすすめできるドッグフードなのかを見極める基準として、原材料と成分を確認する必要があります。

マイビットおいしい犬ごはんの原材料

穀類(とうもろこし、コーングルテンフィード、菓子粉、等)、豆類(脱脂大豆、等)、肉類(ミートミール、チキンミール、ビーフパウダー、等)、油脂類(動物性油脂、等)、ビタミン類(A、D3、E、K3、B1、B2、パントテン酸、ナイアシン、B6、葉酸、ビオチン、B12、コリン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、塩素、鉄、コバルト、銅、マンガン、亜鉛、ヨウ素)、着色料(赤102)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)

赤文字は危険なものという認識です。

マイビットおいしい犬ごはんの成分

たんぱく質20.0%以上、 脂質7.2%以上、 粗繊維6.0%以下、 粗灰分11.0%以下、水分10.0%以下

マイビットおいしい犬ごはんの評価は?

いち愛犬家であり、健康を守るために犬の管理栄養士の資格を取った私がマイビットおいしい犬ごはんをおすすめできるかの評価をします。

マイビットおいしい犬ごはんの原材料を見ると、一番が穀類になっています。
穀類が全て悪いわけではないのですが、小麦やトウモロコシは犬の消化に悪いので、ドッグフードには使ってほしくないものです。
また、小麦などに多く含まれているグルテンという物質は犬が食物アレルギーを起こす原因にもなります。

マイビットに一番多く含まれているのがトウモロコシ、次がトウモロコシの中のグルテンです。

また、マイビットおいしい犬ごはんのたんぱく質は豆と肉類から取れるようになっていますが、豆からのたんぱく質が多いのも気になります。
犬は肉食動物なので、動物性たんぱく質が必要になります。
できれば豆よりも動物からたんぱく質を取りたいですね。

しかも、何から動物性たんぱく質を取るかというの重要な基準になります。
マイビットおいしい犬ごはんは、何から動物性たんぱく質を取っているのかが不明です。
「ミートミール」が一番多い配合になっていますが、何の肉かは不明、ということです。
鶏かブタか、犬かもしれないし何なのか得体が知れないので怖いですよね。

マイビットおいしい犬ごはんのおすすめ度はBマイナスです。

※ランクについて

  • Sランク・・とてもオススメ
  • Aランク・・まぁまぁ
  • Bランク・・オススメしない

 

マイビットおいしい犬ごはんの口コミ・評判

コスト的に良く、国内生産品だからちょっと期待して注文しました

外国製の栄養バランスは優秀ですが、においが悪いのか食い付きが悪いです。そこで、岐阜県で作ったというマイビットは食欲がそそるのではと、食べさせて見ました。

あんまり気に行ってない様です

あわせて読みたい
犬の健康を守るのは私たち飼い主!本当におすすめのドッグフードとは当サイト「ハッピードッグ」では、人気のドッグフードの成分を徹底的に分析し、本当に愛する家族(犬)に食べさせられるかという基準で比較しています。このランキングを見ることで、犬の健康を守るために私たちができることがわかり、どのドッグフードを選べばいいかわかります。...