パピヨン

パピヨンにおすすめのダイエット方法・肥満を予防して健康長生きしよう

パピヨンは華奢な体が特徴の美しい犬です。
運動が好きな犬なので太りにくいですが、適度な運動をさせなかったり人間の食べ物を与えていると肥満になってしまいます。

犬にとっても肥満は万病のもとです。
パピヨンのダイエットにおすすめの方法を紹介します。

パピヨンにダイエットが必要か?

パピヨンにダイエットが必要かどうかを調べる方法があります。

パピヨンの肥満は、BCS(ボディ・コンディション・スコア)という指標で見ます。

(環境省HPより)

BCS3の理想的な体型を保てるように、日々の生活に注意しましょう。

犬の理想的な体型とは、「過剰な脂肪の沈着なしに、肋骨が触れる。上から見て肋骨の後ろに腰のくびれが見られる。横から見て腹部のつり上りが見られる」ことです。

パピヨンは全身が長い毛でおおわれているので見た目のチェックで肥満かどうかがわかりにくことがあります。
足の付け根に近い、お腹の皮をつまんでみると肥満かどうかがわかります。
肥満の場合、脂肪でお腹がパンパンになっています。

パピヨンの標準体重は?

パピヨンにダイエットが必要かどうかは、標準体重も参考にします。

パピヨンの標準体重は3.5㎏~4.5㎏です。

パピヨンが標準体重より大幅に重い場合はダイエットが必要です。
食事や運動に気をつけているのに太っている場合は病気になっている可能性もあるので、獣医さんに相談しましょう。

老犬にダイエットが必要な理由

パピヨンが肥満の場合、ダイエットをしないことで病気になることがあります。
パピヨンは骨が細いので、脱臼や骨折をしやすい犬です。
体が小さい分、肥満になると腰や膝に負担がかかります。

老犬は何らかの病気になりやすいですが、肥満であると病気のリスクが高まります。

肥満が原因で起こりやすい病気は

  • 糖尿病
  • 心臓病
  • 関節炎
  • 膝蓋骨脱臼
  • 皮膚病
  • 熱中症

などです。
 
標準体重よりも大幅に太っているといろいろな病気のリスクがあります。

パピヨンにおすすめのダイエット方法・計画編

パピヨンにダイエットをさせるにあたってはまず目標体重をきめましょう。
目標体重はパピヨンが1歳のころの体重です

パピヨンの標準体重が3.5㎏~4.5㎏とは言っても、個体差があります。

そのパピヨンが1歳の頃の体重が、適正な体重です。
適正な体重よりも15%以上増えている場合はダイエットが必要です。

1歳の頃の体重がわからない場合は、BCS3(ボディ・コンディション・スコア)を参考にしましょう。

ダイエットの期間は?

パピヨンにダイエットをさせる場合、期間は半年~1年間を目安に計画を立てます。
パピヨンが太っているからといって急激なダイエットをするのは体の負担になります。

老犬になると運動量も減り、肥満になるパピヨンも増えます。
老犬のパピヨンにダイエットをさせる場合、急激に痩せるのは体に大きな負担になります
ダイエットの期間は長めに設定しましょう

ダイエットのペースは?

犬のダイエットについては明確な数値は研究されていませんが、私たちがダイエットする場合と同じように考えて良いでしょう。
例えば私たち人間は1ヶ月に体重の5%までならダイエットしても体には負担が少ないと言われています。

標準体重3.5㎏~4.5㎏のパピヨンが現在5㎏だったとしましょう。

5㎏の5%は250gです。

1ヶ月で250gまでのダイエットが適正だと考えられます。
1ヶ月かけて少しずつ体重が減ったり増えたりしながら、だんだんと体重が減るようにコントロールしていきます。
毎日体重を計りながらダイエットするわけですが、1ヶ月で250gなので、1日の体重の変化は10g単位です。

人間用の体重計では管理ができないので、パピヨンにダイエットをさせる場合には犬用の体重計を購入しましょう。

パピヨンにおすすめのダイエット方法・実践編

パピヨンにダイエットをさせるには、まず毎日の散歩を基本にします。

1日30分の散歩を1日2回します。

パピヨンは運動が好きで活発な犬なので、1日2回散歩させます。

パピヨンにおすすめのダイエット方法で、食事に関することは2つです。

  • 1回の食事量を減らす
  • 食事の回数を増やす

いきなり食事量だけを減らすと、お腹がすくだけでパピヨンにとってもストレスになります
私たちがダイエットをするときには「痩せたい!」という動機があり、多少の空腹感はガマンできますが、それでもストレスになりますよね。

犬がダイエットするときに「痩せたい!」と思っているパピヨンはいないはずです。

空腹をガマンさせるだけのダイエットは健康を損なうので、できるだけ犬の体に負担をかけないように工夫をします。

1回の食事量を減らす

摂取カロリーを少しずつ減らしていくために、1回の食事量を減らします。
いきなり標準体重の摂取カロリーまで落とすのではなく、現在の体重に合った摂取カロリーから少しずつ減らしていきます。

食事量を減らす工夫としては、食事に時間をかけることです。
食事に時間がかかるように、1粒ずつ飼い主さんの手から食べさせたり、複雑な形のボウルに入れてドッグフードを与えるのもおすすめです。

食事の回数を増やす

1回の食事量を減らすのと同時に、食事の回数を増やします。

今までは1日2回の食事を与えていたとしたら、4回~6回ほどに分けて食事を与えてみましょう。

1回の食事量が少なくても、食事の回数が増えることで空腹感を紛らわせることができます。
毎日体重をチェックしながら少しずつ、1日の摂取カロリーを減らしていきます。

パピヨンのダイエットを成功するために

パピヨンのダイエットを成功させるためには、時間が必要です
1ヶ月で標準体重に戻そうとするのではなく、その犬にあったペースを計算してできるだけ体に負担がかからないようにダイエットをサポートしてあげてください。

ダイエットを成功させるには、食事管理のほかに、気を紛らわせるためにたくさん一緒に遊んであげましょう。

あわせて読みたい
犬の健康を守るのは私たち飼い主!本当におすすめのドッグフードランキング当サイト「ハッピードッグ」では、人気のドッグフードの成分を徹底的に分析し、本当に愛する家族(犬)に食べさせられるかという基準で比較しています。このランキングを見ることで、犬の健康を守るために私たちができることがわかり、どのドッグフードを選べばいいかわかります。...