パピヨン

パピヨンにおすすめ!ドッグフードの選び方とは?評判を比較

めい
めい
こんにちわ。犬の管理栄養士、めいです。

愛犬とできるだけ長く一緒にいるためにはドッグフード選びも重要だと気づきました。
犬は喋れないから、飼い主である私たちが犬の健康を守ってあげないとですよね。

私のプロフィール詳しくはこちらです。

パピヨンは蝶のようなシルエットが特徴の美しい犬です。
パピヨンはふわふわで繊細なロングヘア、華奢な足、愛らしい目。
どこから見ても気品漂うパピヨンの姿に、パピヨンのトリコになってしまう人も多いのではないでしょうか。

私もパピヨン大好きです。

パピヨンの特徴や体質のことを考えた、パピヨンにおすすめのドッグフードについて紹介したいと思います。

パピヨンにおすすめのドッグフードの選び方

パピヨンは美しい毛並みのロングヘアと華奢な体が特徴の犬です。
パピヨンならではの美しい毛並みを保つためには、良質なたんぱく質が必要です。
また、パピヨンは骨が細く華奢な体も特徴です。

パピヨンの体は小さいので、消化に良いドッグフードを選ぶことも必要です。

パピヨンにおすすめのドッグフードの選び方は3つ。

  • 良質なたんぱく質
  • 消化に良い
  • 危険な添加物が含まれない

この3つのポイントで選んだ私のおすすめランキングを紹介します。

1位・モグワン
モグワンドッグフード
イギリス原産、手作りレシピから生まれたドッグフード。
イギリスは食の基準が日本よりも厳しいので、国産よりも安心という飼い主さんにおすすめ。
健康的なドッグフードなのに食いつきが良いという、今までにないドッグフードです。
動物性タンパク質は肉と魚の両方から取れるもの嬉しいですね。
手作りトッピングも楽しめるように、シンプルなドッグフードです。
おすすめ度
タンパク質 平飼いチキン・生サーモン
消化の良さ ◎ 穀物不使用のグレインフリー
危険な添加物 危険なし。ミネラル・ビタミンの添加あり。

詳細ページ公式ページ

国産1位・ナチュロル
国産のドッグフードなら、ナチュロルがおすすめ。
国産ドッグフードの中でも、皮膚トラブルの心配な犬にも配慮したドッグフードです。
ビタミンC配合により、皮膚トラブルや免疫アップ。
小麦などを使わないグレインフリーのドッグフードです。
エネルギー源はさつまいもなどにして、犬の紹介に良いドッグフードです。
おすすめ度
タンパク質 国産生肉・生魚
消化の良さ ◎ グレインフリー
危険な添加物 危険なし。グルコサミン・コンドロイチン・ビタミンの添加あり。

詳細ページ公式ページ

 

パピヨンの寿命は13歳ぐらいと言われていますが、少しでも長く健康に生きてほしいですよね。
そのためには危険な添加物にも気を付ける必要があります
ビタミンやミネラルなど、犬にとって必要な栄養も、添加物の一種です。

しかし危険な添加物には注意が必要です。
危険な添加物とは、合成保存料や合成酸化防止剤です。
これらには発がん性があるので、自分も食べたくないですし、大切なパピヨンにも食べさせたくないですよね。

「パピヨン用」と印字されたドッグフードも売られていますが、犬種別にパッケージが印刷されているドッグフードはおすすめできません。
たくさんのドッグフードを比較するために調べましたが、原材料に危険な添加物や消化に悪い穀物ばかりでした。

大切なパピヨンのために、ちゃんとドッグフードを選んであげたいですよね。

では、パピヨンのために良いドッグフードを選ぶための詳細を見てみましょう。

良質な肉や魚が使われている

パピヨンの毛並みや体調を整えるためには、良質なたんぱく質を含んだドッグフードがおすすめです。

激安のドッグフードには、病気になった家畜の肉や腐った肉などを使っている場合もあります。

パピヨンにおすすめなのは、良質なたんぱく質です。
原材料を確認して、良質なたんぱくしつでできたドッグフードなのかを確かめましょう。

消化に良い

パピヨンは華奢で体も小さい犬です。
一般的なドッグフードには小麦やトウモロコシでかさ増ししたものもあります。

小麦やトウモロコシはパピヨンの消化に悪いので、おすすめできません。
また、食物アレルギーの原因にもなります。

消化に良いドッグフードを選んであげることで、パピヨンの健康を守ってあげましょう。

危険な添加物が使われていない

パピヨンは体が小さく、添加物の影響は見逃せません。
ドッグフードに含まれる添加物には、発がん性のある保存料なども含まれることがあります。

大切なパピヨンには危険な保存料などが無添加のドッグフードがおすすめです。

パピヨンに評判のいいドッグフード比較してみた

パピヨンのドッグフードとして評判の良いドッグフードは、本当にパピヨンにとって良いものなのでしょうか。
原材料・消化性・添加物を比較してみました。

主原料 消化性 危険な添加物
プロマネージ トウモロコシ、チキン × ×
シュプレモ チキン、チキンミール × ×
ロイヤルカナン 、チキンミール × ×
モグワン チキン、サーモン
Drケアワン 大麦、玄米
サイエンスダイエット トウモロコシ、小麦 × ×
カナガン チキン、サツマイモ
ユーカヌバ 小麦、トウモロコシ × ×
ナチュロル チキン、豚
ウェルケア 米ぬか、グルテンフィード × ×
ピュリナワン チキン、米、コーングルテン × ×
アボダ―ム 乾燥ビーフ、玄米、白米 ×
ブッチ ラム、チキン、豆類
ドクターズチョイス ラムミール、米、麦 × ×
アイムス トウモロコシ、小麦 × ×

赤文字で書いた原材料のものは、本当にやめたほうがいいです。
犬にとって消化が悪かったり、アレルギーの原因になったりします。

パピヨンにおすすめのドッグフードは?

パピヨンにおすすめのドッグフードは、

  • 良質なたんぱく質が含まれている
  • 消化に良い
  • 危険な添加物なし

この全てを満たしているドッグフードです。

消化にいいものを選ぶ必要もあるし、何より気にして欲しいのは危険な添加物の有無です。

パピヨンにおすすめなのは、モグワンのドッグフードです。

市販のドッグフードには小麦などでかさましされていたり、危険な添加物が入っていたり、パピヨンに必要なたんぱく質がとれるとは思えません。

パピヨンのドッグフードの量は1日どれくらい?

パピヨンが1日に食べるドッグフードの量はどれくらいでしょうか。
パピヨンの体の大きさや個性によっても違いますが、目安として見ていただければと思います。

子犬のパピヨン

月齢 ~4カ月
体重 ~3kg
1日の分量

成犬のパピヨン

月齢 5カ月~
体重 4㎏~5kg
1日の分量

※モグワンドッグフードの場合

成犬のパピヨンの1日の食事量は目安です。
パピヨンの便を見て、ドッグフードの分量を調節してください。

便が柔らかければ食事を減らして、便が固ければ食事を増やします。

老犬のパピヨン

老犬のパピヨンは、成犬の頃よりも食事の分量が減ります。
便の様子を見ながら、その子に合った分量を与えてください。

パピヨンがドッグフードを食べない時は?

パピヨンがドッグフードを食べない野は、体調が悪いという原因以外もあります。
パピヨンがドッグフードを食べない時の対処法を見てみましょう。

おやつを与えすぎ

パピヨンがドッグフードを食べない原因は、おやつの与えすぎかもしれません。
おやつをあげると喜ぶし、パピヨンが喜ぶ姿を見るのが嬉しくて、ついたくさん与えたくなりますよね。

でも、おやつを与えすぎると満腹感でドッグフードを食べなくなるので、おやつの与えすぎには注意しましょう。

ドッグフードが食べづらい

パピヨンがドッグフードを食べない原因は、ドッグフードが食べづらいということも考えられます。
特に子犬や老犬の場合に多いのが、ドッグフードが固くて食べづらいのです。

ドッグフードが食べづらい場合には、お湯でふやかしてから与えるのが良いでしょう。

お湯でふやかしたら、しっかり冷ましてくださいネ。

パピヨンの食費は年間いくら?

パピヨンの食費は年間いくらぐらいかかるのでしょうか。
パピヨンの成犬の、1年間の食費を計算してみました。

わんちゃんの食事量によっても違いますので、目安として見てください。

成犬のパピヨンで1日90g食べる場合
90g×365日=32,850g

1年間で32850g食べる計算になります。

モグワン1袋=1.8㎏なので、年間約18袋という計算になります。

1袋あたり3,564円ですが、まとめ買いするとお得になります

1袋×18=64,152円(年間)

パピヨンの年間の食費は64,1520円という計算になりました。

パピヨンにはモグワンがおすすめ

危険な添加物が無添加なので安心して食べさせられます。

うちのわんちゃんは、以前はショップに勧められるがままのドッグフードを食べさせていたのですが、モグワンに変えてから毛ツヤが良くなったように感じます。
知り合いの愛犬家と世間話していたときに勧められたのがモグワンのドッグフードでした。

試しにあげてみたところ、喜んで食べてくれるし、イキイキしているんです。

一生懸命に食べている姿も愛しいですよね。

モグワンの公式サイトはこちらです。
モグワン公式サイトをみる

あわせて読みたい
犬の健康を守るのは私たち飼い主!本当におすすめのドッグフードとは当サイト「ハッピードッグ」では、人気のドッグフードの成分を徹底的に分析し、本当に愛する家族(犬)に食べさせられるかという基準で比較しています。このランキングを見ることで、犬の健康を守るために私たちができることがわかり、どのドッグフードを選べばいいかわかります。...