ポメラニアン

子犬のポメラニアンとのしつけは?性格や特徴を知って遊んであげよう!

ポメラニアンは活発で元気いっぱいな子です。
子犬のポメラニアンと遊ぶことは飼い主にとっても幸せな時間ですよね。

子犬のポメラニアンにとって遊びの時間はしつけをする時間にもなります。
ポメラニアンの性格や体の特徴を知って、素敵な関係になれるようなポイントを紹介します。

ポメラニアンの性格の特徴は?

ポメラニアンの性格には特徴があります。

  • 警戒心が強い
  • 気が強い
  • 元気で活発
日本人にも特徴があるようにポメラニアンにも特徴があるんですね。

ポメラニアンの性格の特徴を詳しく見てみましょう。

ポメラニアンは警戒心が強い!

ポメラニアンは警戒心が強い犬です。

ぬいぐるみみたいで可愛い見た目からは想像もつかないかもしれません。
ポメラニアンは警戒心が強く、番犬のような気質もあります。
ポメラニアンは気が強く、よく吠えるという傾向があります。

ポメラニアンを飼う上で気になるのは、キャンキャンという鳴き声ですよね・・

ポメラニアンは活発!

ポメラニアンは活発な性格です。
室内犬ですが、家の中だけで過ごしているとポメラニアンはストレスが溜まってしまいます。

毎日お外へ散歩に連れて行ってあげましょう。

ポメラニアンは走ったりするのが好きな、元気で活発な性格です。

子犬のポメラニアンと遊ぶときの注意点は?

子犬のポメラニアンと遊ぶ時には注意点があります。

  • 警戒心が強い
  • 活発

ポメラニアンの性格にはこんな特徴がありますよね。
警戒心が強いがゆえに、遊び方やしつけの仕方を間違えると、ギャンギャン吠えてしまうわがままな子になってしまいます。
また、活発なポメラニアンですが骨は細いので遊び方には注意が必要です。

子犬のポメラニアンとの遊び方には注意点が3つあります。

  • 遊びの主導権は常に飼い主
  • 脱臼・骨折への注意
  • 警戒しすぎたときの注意

子犬のポメラニアンとの遊び方の注意点について詳しく見てみましょう。

遊びの主導権はいつも飼い主!

子犬のパピヨンと遊ぶときには、主導権はいつも飼い主にあるように注意します。
遊びを始めるのも飼い主で、遊びを終わるのも飼い主になるようにします。

子犬のポメラニアンが「遊ぼう!」って言ってくれたら嬉しくなって遊んでしまいがちですが、そこはいったん無視します

可愛すぎるけどガマンですね。

遊びを終わる時も、子犬のポメラニアンに飽きられる前に飼い主から終わります。
早めに遊びを切り上げるのが良いでしょう。

また、子犬のポメラニアンと遊ぶときは勝ち負けをつけるのもおすすめです。

遊びながら、子犬に力関係を教えてあげます。

脱臼・骨折に注意

ポメラニアンは活発な性格なので走ったり跳ねたりすることが好きです。
でも子犬のポメラニアンは特に、脱臼や骨折に注意が必要です。

ポメラニアンの体の特徴として、脱臼や骨折をしやすいという点があります。
フローリングで走り回って転んで骨折してしまうこともあります。

室内で遊ぶときはスベリ止めにカーペットの上で遊ぶなどの注意が必要です。

警戒しすぎたときは

子犬のポメラニアンと遊んでいると、ポメラニアンが知らない人などに警戒しすぎて吠えてしまうことがあります。

私たちには無駄吠えのように見えても、警戒心が強いというポメラニアンの性格上、無駄吠えではないこともあります。

警戒心で吠えてしまう時には、対象となる人やモノから遠ざけてあげたりポメラニアンの視覚に入らないようにしてあげましょう。

番犬の気質があるので、警戒しすぎてしまうんですね。

吠えずに過ごせたら、盛大に褒めてあげたいですね。

ポメラニアンが警戒しすぎる前に「大丈夫だよ」と声かけをしてあげて、吠えずに過ごせたときはよく褒めてあげましょう

ポメラニアンは賢いので、褒められた経験をつんでいくと警戒心からくる無駄吠えが減っていきます。

ポメラニアンの特徴を知った遊び方をしよう

子犬のポメラニアンとの遊び方のポイントは3つ。

  • 主導権はいつも飼い主
  • 脱臼・骨折に注意
  • 警戒しすぎに注意

 

ポメラニアンと遊ぶときにはいつも飼い主が勝つとか、人間の子どもと比べると可哀想な気もしますよね。

でも、犬には性格に特徴があります。
誰がリーダーかが理解できないと、犬はどうすればいいのか迷います。

遊びながら力関係を教えてあげるのがポメラニアンにとっての幸せなのです。

犬には絶対的なリーダーが必要なんですね。

我が子のように愛情を持って遊んであげるという部分もありますが、犬の特徴を知って遊んであげることがポメラニアンにとっても幸せな遊びになります。