危険な添加物

ドッグフードに使われるソルビン酸カリウムとは?危険性など

こんにちわ。犬の管理栄養士、めいです。

愛犬とできるだけ長く一緒にいるためにはドッグフード選びも重要だと気づきました。
犬は喋れないから、飼い主である私たちが犬の健康を守ってあげないとですよね。

今回は、ドッグフードに使われるソルビン酸カリウムについて紹介します。

私のプロフィール詳しくはこちらです。

ドッグフードで見かけるソルビン酸カリウムとは?

ドッグフードの原材料をみていると、保存料(ソルビン酸カリウム)という文字をみたことがあるかもしれません。

ソルビン酸カリウムはソルビン酸Kとも表示され、私たちが食べる食品にも使われていることがあります。

ソルビン酸カリウムはドッグフードでも使われることがありますが、保存料です

ソルビン酸カリウムにはカビの発生を抑える働きがあり、保存料として使われます。

 

ソルビン酸カリウムがドッグフードに使われる理由は?

ソルビン酸カリウムがドッグフードに使われる理由は主に2つあります。

  • カビの発生を抑える
  • 原材料の腐敗を防ぐ

ソルビン酸カリウムがドッグフードに使われる理由を詳しくみてみましょう。

カビの発生を抑える

ドッグフードには栄養分が豊富なので、カビが発生しやすいです。
ドライタイプのドッグフードよりも、ウェットタイプのドッグフードの方がカビやすく、ソルビン酸カリウムが使われることが多いです。

私たちの手元に来てからも、カビる可能性はありますよね。
開封してカビが生えていたらもう捨てるしかないですよね。
賞味期限を伸ばすためにも、ソルビン酸カリウムを使っています。

原材料の腐敗を防ぐ

原材料が腐るのを防ぐためにソルビン酸カリウムが使われることがあります。

ドッグフードの原材料には肉などが使われています。
肉にはカビが生えやすくソルビン酸カリウムはカビの発生を抑える働きがあるので、原材料が腐敗しないように使われることがあります。

ソルビン酸カリウムの危険は?

ソルビン酸カリウムは人工的に作られた保存料です。
合成保存料とも言います。

合成保存料は危険だと言いますが、ソルビン酸カリウムにはどんな危険性があるのでしょうか。

ソルビン酸カリウムには主に3つの危険性があります。

  • ソルビン酸カリウム自体の危険
  • 他の添加物と合わさる危険
  • 保存料を使うという危険

ソルビン酸カリウムの危険について詳しく見てみましょう。

ソルビン酸カリウム自体の危険

ソルビン酸カリウムには発がん性や染色体異常を起こす危険性が指摘されています。
ソルビン酸カリウムは私たちの食品にも使われるほどなので、危険性は少ないという意見もありますが、危険性が指摘されているものをわざわざ体に入れようとは思わないですよね。

他の添加物とソルビン酸カリウムが合わさる危険

ソルビン酸カリウムは、他の添加物と合わさるとより強い発がん性を作り出すことがわかっています。
ソルビン酸カリウムだけでは発がん性が疑われるレベルでも、他の添加物と合わさると、強い発がん性を作り出してしまいます。

例えば、亜硝酸塩。
亜硝酸ナトリウムというのは、肉の色を綺麗に見せるために発色剤として使われていることがありますが、これと反応して強い発がん性が生まれます。

発色剤の入ったドッグフードを買わないというはもちろんですが、ソルビン酸カリウムを使ったドッグフードは買わない方が良いです。

そもそも保存料を使わないといけないという危険

ソルビン酸カリウムは合成保存料です。
合成保存料というのは、強烈な効き目のある保存料ですが、そもそもそんな強烈な保存料を使わないと売れないようなドッグフードが危険です。

自然な食べ物というのは、湯通しした肉、野菜などで、すぐにはカビませんよね。
ソルビン酸カリウムを使わないとカビてしまうというのは、どれだけ古い材料で作られたドッグフードなのかを疑った方が良いでしょう。
 

安全なドッグフードとは?

ソルビン酸カリウムなどの危険な保存料を使わないドッグフードを選ぶことです。
ソルビン酸カリウムだけが悪いとは言えませんが、一事が万事です。

危険性の指摘される添加物(保存料)を使っているドッグフードは、他にも粗が出てくるでしょう。
ドッグフードには良質な動物性タンパク質が必要なのですが、粗悪なドッグフードには、良質なタンパク質などを考えないでコストダウンだけを考えたものもたくさんあります。

安全なドッグフードを選ぶには、飼い主さんが知識をつけることです。
安全なドッグフードを選ぶためのチェックポイントは簡単に伝えると3つです。

  • 良質な動物性タンパク質が取れる
  • 危険な添加物を使っていない
  • 着色料など不要なものを使っていない

「これ良さそう!」と思ったドッグフードと照らし合わせ展みてください。

どのドッグフードを選べば良いのかわからないという方は、こちらに詳しく書いています。

あわせて読みたい
犬の健康を守るのは私たち飼い主!本当におすすめのドッグフードとは当サイト「ハッピードッグ」では、人気のドッグフードの成分を徹底的に分析し、本当に愛する家族(犬)に食べさせられるかという基準で比較しています。このランキングを見ることで、犬の健康を守るために私たちができることがわかり、どのドッグフードを選べばいいかわかります。...