トイプードル

子犬のティーカッププードルとのしつけは?性格や特徴を知って遊んであげよう!

ティーカッププードルは賢く活発な子です。

もともとティーカッププードルという犬種は無く、プードルを小型にしてつくられた犬種です。
血統書にも「ティーカッププードル」という記載はありません。

ティーカップにおさまりそうなほど小さく、可愛いティーカッププードル。
子犬のティーカッププードルと遊ぶことは飼い主にとっても幸せな時間ですよね。
子犬のティーカッププードルにとって遊びの時間はしつけをする時間にもなります。

ティーカッププードルの性格や体の特徴を知って、素敵な関係になれるようなポイントを紹介します。

ティーカッププードルの性格の特徴は?

ティーカッププードルの性格には特徴があります。

  • 臆病
  • 甘えん坊
日本人にも特徴があるようにティーカッププードルにも特徴があるんですね。

ティーカッププードルの性格の特徴を詳しく見てみましょう。

ティーカッププードルは臆病

プードルは本来、自立心の強い性格をしていますが、ティーカッププードルは違います。
ティーカッププードルは臆病な性格の犬です。

体が小さい犬は臆病なところがありますが、ティーカッププードルは小型犬の中でも特に体が小さい犬です。

臆病な性格であるがゆえに、遊び方やしつけの仕方によっては飼い主さんに依存しすぎることもあるんですね。

パピヨンは賢いからこそ、しつけのやりがいもありますよね。

ティーカッププードルは甘えん坊

ティーカッププードルは甘えん坊です。
体が小さく臆病なので性格です。
飼い主さんへの依存心が強く、甘えん坊のなのです。

あんなに小さく愛らしい姿で甘えられると、胸キュンが止まりませんね。

子犬のティーカッププードルと遊ぶときの注意点は?

 

子犬のティーカッププードルと遊ぶ時には注意点があります。

  • 体が小さい
  • 臆病

ティーカッププードルにはこんな特徴がありますよね。

体が小さいので、骨折もしやすく遊びにも注意が必要です。

また、臆病な性格なので飼い主さんから離れることができません。
いつも近くにいて、遊んであげるのがベストです。

子犬のティーカッププードルとの遊び方には注意点が3つあります。

  • 遊びの主導権は常に飼い主
  • 脱臼・骨折への注意
  • 怖がり過ぎたときの注意

子犬のティーカッププードルとの遊び方の注意点について詳しく見てみましょう。

遊びの主導権はいつも飼い主!

子犬のティーカッププードルと遊ぶときには、主導権はいつも飼い主にあるように注意します。
遊びを始めるのも飼い主で、遊びを終わるのも飼い主になるようにします。

子犬の頃から、飼い主がリーダーであることを遊びの中でも教えていくようにします。
ティーカッププードルは臆病なので、絶対的なリーダーの存在が必要です。

遊びながら、飼い主という立場を教えていくんですね。

遊びを終わる時も、子犬のティーカッププードルに飽きられる前に飼い主から終わります。
早めに遊びを切り上げるのが良いでしょう。

また、子犬のティーカッププードルと遊ぶときは勝ち負けをつけるのもおすすめです。

遊びながら、子犬に力関係を教えてあげます。

脱臼・骨折に注意

ティーカッププードルは体が小さく骨も細いため、骨折には特に注意が必要です。

私たちにとっては何てことのないことも、ティーカッププードルにとっては骨折してしまうほどの衝撃だったりします。

ティーカッププードルは骨折・脱臼しやすいもの、と念頭において遊んであげましょう。

怖がり過ぎたときの注意

子犬のティーカッププードルは、特に体が小さく、臆病になりすぎるときがあります。

怖がり過ぎてよく震えてしまうこともあります。

ティーカッププードルにとっての恐怖心のもとになるものはできるだけ排除してあげましょう。

ティーカッププードルの特徴を知った遊び方をしよう

子犬のティーカッププードルとの遊び方のポイントは3つ。

  • 主導権はいつも飼い主
  • 脱臼・骨折に注意
  • 恐怖心のもとになるものは排除

 

ティーカッププードルと遊ぶときにはいつも飼い主が勝つとか、人間の子どもと比べると可哀想な気もしますよね。

でも、犬には性格に特徴があります。
誰がリーダーかが理解できないと、犬はどうすればいいのか迷います。

遊びながら力関係を教えてあげるのがティーカッププードルにとっての幸せなのです。

犬には絶対的なリーダーが必要なんですね。

我が子のように愛情を持って遊んであげるという部分もありますが、犬の特徴を知って遊んであげることがティーカッププードルにとっても幸せな遊びになります。