ドッグフード

涙やけの犬に評判のいいドッグフードは?おすすめのドッグフード

涙やけが心配な犬におすすめのドッグフードを紹介します。
涙やけを起こしにくいドッグフードを選んでみてください。

涙やけになりにくいドッグフードは?

涙やけは涙の量が多すぎたり、鼻涙管が詰まってしまって起こるものです。
涙やけの原因はいくつかありますが、食物アレルギーや老廃物が多いことも原因の一つです。

遺伝的に涙やけを起こしやすい犬もいますが、どんな犬でも涙やけと食事の関係は切り離せません。

涙やけを起こしにくいドッグフードを食べさせることも必要です。

涙やけになりにくいドッグフードを選ぶポイントは3つ。

  • 消化に良い
  • アレルゲンが少ない
  • 危険な添加物を使わない

涙やけが心配な犬は、涙やけを起こしにくいドッグフードを選んであげましょう。
涙やけになりにくいドッグフードを選ぶポイントを1つずつ詳しく説明します。

消化に良いドッグフード

涙やけは、消化不良も原因の一つです。
消化に悪いドッグフードで涙やけを起こす犬がいます。

犬の消化に悪いものは、

  • 一部の穀物(小麦など)
  • トウモロコシ
  • 脱脂大豆
  • ビートパルプ

などです。

小麦は犬にとって消化に悪いだけでなく食物アレルギーを起こしやすいので、涙やけが心配な犬は気をつけましょう。

ビートパルプは食物繊維としてドッグフードに使われることがありますが、犬の消化に悪いので涙やけが心配な犬にはやめたほうが良いでしょう。

消化に悪いものが入っていないドッグフードを選びましょう。

アレルゲンの少ないドッグフード

涙やけはアレルギーも原因の1つです。
食物アレルギーの原因となりやすいものは、

  • 小麦(グルテン)

などです。

小麦にはグルテンというアレルギーを起こしやすいものが多く含まれています。

グルテンというのはタンパク質の1つでもありますが、アレルギーの原因になることがわかっています。
小麦に多く含まれていますが、大麦などにも含まれています。

全ての穀物が悪いわけではありませんが、涙やけが心配な犬は穀物を使わないドッグフードを選ぶのが良いでしょう。
穀物を使わないドッグフードはグレインフリーと言われます。

牛や豚など動物性タンパク質にもアレルギーを起こすことがあります。
どの動物にアレルギーを起こすかは検査してみないとわからないので、アレルギーを起こしやすい食材を避けると同時に、1種類か2種類の動物性タンパク質のドッグフードを選ぶのもおすすめです。

動物性タンパク質の種類が少ないと、涙やけが起きた時に原因を突き止めやすいからです。

危険な添加物を使わないドッグフード

涙やけの原因として、化学的な添加物もあげられます。
危険な添加物は1口、1日で何か変化があるわけではありませんがドッグフードは毎日食べるものなので、危険な添加物にも気をつけましょう。

危険な保存料によって涙やけを起こすこともあるので、涙やけの心配な犬は合成保存料や着色料など、不要な添加物を使わないドッグフードを選ぶのがおすすめです。

原材料名に書かれている添加物だけでなく、
涙やけを起こしていなくても、添加物については気をつけるのがおすすめです。
発がん性が指摘されている添加物は絶対に犬に与えないようにしましょう。
危険な添加物は腸内環境を悪くして免疫を低下させます。

涙やけだけでなく、病気を予防するためにも無添加のドッグフードを選ぶのがおすすめです。

涙やけの犬に評判のいいドッグフードを比較

涙やけに評判のいいドッグフードを比較してみます。

  • 消化性
  • アレルゲンの少なさ
  • 危険性

この3項目で比較します。
消化性では、消化に悪いものが使われていない=◎
アレルゲンの少なさではグルテンフリーでタンパク質源が単一=◎
グルテンフリーまたはタンパク質源が単一=○
危険性ではタンパク質が上質で危険な添加物を使っていない=◎
タンパク質の品質が不明=△
危険な添加物を使っている=×

商品名 消化性 アレルゲン 危険性
ロイヤルカナン × × ×
カナガン
モグワン
サイエンスダイエット × ×
ブルーバッファロー × × ×
ピュリナワン × ×
ドクターズチョイス × ×
アカナ
ニュートロ × ×
ナチュラルバランス × ×
ユーカヌバ × ×
ソルビダ × ×
K9ナチュラル
ペティオ × × ×
アーテミス

 

涙やけの犬におすすめのドッグフードを紹介

涙やけの犬におすすめのドッグフードを3つ紹介します。

涙やけの犬におすすめのドッグフードは、

  • グルテンフリー
  • 上質なタンパク質源で単一のドッグフード
  • 危険な添加物なし

この3つを基準に選びました。

1位・カナガン
カナガンドッグフード
カナガンはチキンを使ったドッグフードの中で一番おすすめです。
グルテンフリーなのはもちろん、動物性タンパク質はチキンのみです。チキンアレルギーでない犬なら、カナガンがおすすめです。
保存料や着色料など余計なものを使っていません。ミネラルなどは添加されている総合栄養食です。

おすすめ度
グレインフリー
タンパク質源 単一・チキン
危険な添加物 なし

詳細ページ公式ページ

2位・ドクターケアワン
Drケアワン
ドクターケアワンは、涙やけの心配ないぬのために作られたドッグフードです。
体の内側から涙やけの対策ができるように作られました。
消化に良い材料で作られています。グレインフリーではありませんが、エネルギー源としてアレルギーを起こしにくい穀物を使っています。
ドクターケアワンは総合栄養食ではないので、ミネラルが不足する可能性もあり、サプリとの併用がおすすめです。
おすすめ度
グレインフリー 大麦・玄米・黒米・赤米
タンパク質源 単一・チキン
危険な添加物 なし

詳細ページ公式ページ

3位・アカナ シングルトリーツ

アカナには単一のタンパク質源のドッグフードがあり、4種類から選ぶことができます。
ラム・ダック・ポーク・イワシの4種類ですが、ラムは食物アレルギーを起こしにくいと言われており、ラムにアレルギーがなければラムがおすすめです。
イワシも消化に良いので、おすすめです。
おすすめ度
グレインフリー
タンパク質源 単一・ラム
危険な添加物 なし

詳細ページ公式ページ

カナガンが涙やけの犬におすすめな理由

涙やけが心配な犬におすすめなのはカナガンのドッグフードです。

カナガンがおすすめな理由は、3つ。

  1. グレインフリー
  2. 動物性タンパク質源が単一
  3. 余計な添加物を使わない

カナガンは犬の消化のことを考えてグレインフリーのドッグフードです。
犬は穀物を消化するのが苦手なづ物です。

全ての穀物が悪いわけではありませんが、カナガンは犬の消化の負担にならないように作られています。

動物性タンパク質はチキン。
チキンにアレルギーがある犬にはおすすめできませんが、チキンはアレルギーになりにくい肉です。

添加物も、危険なものはもちろん無添加です。
保存料や着色料など余計なものは、免疫を壊してしまいます。
危険な添加物を使わないことも、涙やけの心配な犬には大切です。

涙やけの原因は獣医さんにも相談しよう

涙やけの心配な犬におすすめのドッグフードを紹介してきました。
涙やけの原因はたくさんあります。

食事も涙やけの原因の1つと言われているので、食事で改善できることろは改善していきたいですね。
涙やけは先天的な原因もあるので、獣医さんに診察してもらって相談しましょう。