トイプードル

子犬のトイプードルとのしつけは?性格や特徴を知って遊んであげよう!

トイプードルは人懐っこく甘えん坊な子です。
子犬のトイプードルと遊ぶことは飼い主にとっても幸せな時間ですよね。

子犬のトイプードルにとって遊びの時間はしつけをする時間にもなります。
トイプードルの性格や体の特徴を知って、素敵な関係になれるようなポイントを紹介します。

トイプードルの性格の特徴は?

トイプードルの性格には特徴があります。

  • 小型犬なのに賢い
  • 人懐っこい
  • 甘えん坊
日本人にも特徴があるようにトイプードルにも特徴があるんですね。

トイプードルの性格の特徴を詳しく見てみましょう。

トイプードルは聡明!

トイプードルは聡明な犬です。

小型犬だから頭が小さいのに・・賢いんです。
トイプードルは賢いので物覚えがよく、しつけもしやすいと言われています。

トイプードルは賢いからこそ、しつけのやりがいもありますよね。

トイプードルは人懐っこい!

トイプードルは人懐っこい性格です。
トイプードルは人懐っこい性格なので、新しい家族にも比較的すぐに慣れることができます。
しかし甘えん坊な性格も持ち合わせており、しつけをしないとワガママな子になってしまいます。

飼い主さんに甘えたい気持ちが強く、かまってくれないと吠えて主張したりもします。
ワガママで吠えたり噛んだりする場合には叱り、「いけない」ということをしつける必要があります。
トイプードルは賢いので、飼い主のリーダーシップが必要です。

子犬のトイプードルと遊ぶときの注意点は?

子犬のトイプードルと遊ぶ時には注意点があります。

  • 賢い
  • 甘えん坊

トイプードルの性格にはこんな特徴がありますよね。
賢いがゆえに、遊び方を間違えると寂しいとき、構ってほしい時にはギャンギャン吠えて要求したり、わがままな子になってしまいます。
また、甘えん坊なトイプードルですが甘える姿が可愛いからと甘やかしすぎるのも無駄吠えやかみつきの原因になるので注意が必要です。

子犬のトイプードルとの遊び方には注意点が3つあります。

  • 遊びの主導権は常に飼い主
  • 涙やけへの注意
  • 甘えん坊が過ぎたときの注意

子犬のトイプードルとの遊び方の注意点について詳しく見てみましょう。

遊びの主導権はいつも飼い主!

子犬のトイプードルと遊ぶときには、主導権はいつも飼い主にあるように注意します。
遊びを始めるのも飼い主で、遊びを終わるのも飼い主になるようにします。

子犬のトイプードルが甘えてきてくれたらなんでも言うことを聞いてしまいそうになりますよね。

可愛すぎるけどガマンですね。

遊びを終わる時も、子犬のトイプードルに飽きられる前に飼い主から終わります。
早めに遊びを切り上げるのが良いでしょう。

また、子犬のトイプードルと遊ぶときは勝ち負けをつけるのもおすすめです。

遊びながら、子犬に力関係を教えてあげます。

涙やけに注意

トイプードルは涙やけを起こしやすい犬です。

遊びながら、涙やけを起こしていないか?注意が必要です。

トイプードルの体の特徴として、涙やけを起こしやすいという点があります。
そのことを知って遊びながらもよく観察してあげましょう。

甘えん坊が過ぎたときは叱る

子犬のトイプードルと遊んでいると、甘えん坊が過ぎるときがあります。
無駄吠えをしたり、飼い主の服を噛んだり、手や足を噛んでくることもあります。

甘えん坊が行き過ぎるのを放っておくとワガママな子になってしまいます。

トイプードルの甘えん坊が過ぎていると感じたときは、1度強く叱り、賢く過ごせたときには盛大に褒めてあげましょう

トイプードルの特徴を知った遊び方をしよう

子犬のトイプードルとの遊び方のポイントは3つ。

  • 主導権はいつも飼い主
  • 涙やけを起こしていないかに注意
  • 甘えん坊が過ぎていたら叱る

 

トイプードルが甘えてきたときに甘えん坊が過ぎていると叱るとか、遊びながらいつも飼い主が勝つとか、人間の子どもと比べると可哀想な気もしますよね。

でも、犬には性格に特徴があります。
誰がリーダーかが理解できないと、犬はどうすればいいのか迷います。

遊びながら力関係を教えてあげるのがトイプードルにとっての幸せなのです。

犬には絶対的なリーダーが必要なんですね。

我が子のように愛情を持って遊んであげるという部分もありますが、犬の特徴を知って遊んであげることがトイプードルにとっても幸せな遊びになります。