トイプードル

トイプードル用ベストバランスの評判は?本当に安全なドッグフードなのか徹底的に調べてみた

こんにちわ。犬の管理栄養士、めいです。

愛犬とできるだけ長く一緒にいるためにはドッグフード選びも重要だと気づきました。
犬は喋れないから、飼い主である私たちに犬の健康を守る責任がありますよね。

今回は、トイプードル用ベストバランスを徹底検証してみます。

私のプロフィール詳しくはこちらです。

トイプードル用にドッグフードを選ぶときの参考になれば幸いです。

トイプードル用ベストバランス

トイプードル 用ベストバランスは、ユニ・チャームから発売されているドッグフードです。

トイプードル 用ということで、トイプードルの体の特徴に合ったドッグフードにしているとのことです。

トイプードルに合わせたドッグフードということで、どんな点がトイプードル用なのか調べてみました。

  • トイプードルのひざ関節のためにグルコサミンを配合
  • トイプードルの骨のためにカルシウムを配合
  • トイプードルの毛艶のためにオメガ6を配合
  • トイプードルに合わせて小粒

トイプードル用ベストバランスの原材料は?

トイプードル用に作られたドッグフード「ベストバランス」は本当にトイプードルにとって安全なのでしょうか。

トイプードル用ベストバランスの原材料を確認してみましょう。

穀類(トウモロコシ小麦粉パン粉コーングルテンミール、玄米)、肉類(チキンミール、鶏ミンチ、家禽エキス)、魚介類(フィッシュミール、乾燥小魚)、動物性油脂、豆類(大豆、大豆粉末)、野菜類(ビートパルプ、ニンジンパウダー、カボチャパウダー、ホウレンソウパウダー)、ビール酵母、糖類(ショ糖、オリゴ糖)、チーズ、ソルビトール、ミネラル類(カルシウム、塩素、銅、鉄、ヨウ素、カリウム、ナトリウム、亜鉛)、グリセリン、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、D、E、K、コリン、パントテン酸)、グルコサミン塩酸塩、保存料(ソルビン酸K)、フマル酸、着色料(二酸化チタン、赤色102号、赤色106号、黄色4号、黄色5号、青色1号)、酸化防止剤(エリソルビン酸Na、ミックストコフェロール、ハーブエキス)、コンドロイチン硫酸

いかがでしょうか。

これだけ見ても、トイプードルにとって良いドッグフードなのかわかりにくいですよね。
次に、犬の管理栄養士としての意見ですが、トイプードル用ベストバランスがトイプードルにとって安全なのかを検証してみます。

トイプードル用ベストバランスは安全?

結論から言いますね。

トイプードル用ベストバランスは危険です。

トイプードル用ベストバランスの原材料を見て、私が思ったのは、「安く作るために、危険なものを使っている・・」という感想でした。

トイプードルにとって危険なものがたくさん使われているので、順番に説明しますね。

小麦、トウモロコシ、グルテン

トイプードルは生まれつきの体質で涙やけを起こしやすい犬です。
涙やけというのは、鼻涙管が詰まったり涙が多く出すぎることで起こるのですが、涙やけの原因の一つは食物アレルギーだと言われています。

小麦やトウモロコシに含まれるグルテンは、食物アレルギーの原因になるものです。

トイプードルはただでさえ涙やけを起こしやすいのに、アレルギーの原因になるドッグフードは避けた方が良いですね。

チキンミール、フィッシュミール

トイプードルは毛艶をキープするために、上質なタンパク質が欠かせません。

上質なタンパク質というのは、生肉から作ったドッグフードのことです。

トイプードル用ベストバランスには、上質な肉がほとんど使われていないです。

全てのチキンミールやフィッシュミールが悪いわけではないのですが、「ミール」というのは粗悪なものの可能性が高いです。

自社工場で製造しているミールであれば上質なミールの可能性が高いですが、トイプードル用ベストバランスのミールは自社工場ではないので、ミール工場から仕入れているのでしょう。

ミール工場から仕入れたミールは、どんなチキンだったのかが分からないため危険です。

危険な保存料、着色料

トイプードル用ベストバランスに使われている保存料は、ソルビン酸Kといって合成保存料です。
ソルビン酸Kは発がん性が指摘されている保存料です。

着色料も危険なものが使われています。

酸化防止剤も、一部に危険性の高い合成酸化防止剤が使われています。

体の小さいトイプードルが、危険な保存料や着色料を毎日食べ続けていたら体にどんな影響があるか、想像しただけで怖くなります。

トイプードル用のドッグフードで迷ったらコレ!

トイプードル用のドッグフードもたくさんの種類があるので、迷いますよね。

トイプードルにとって安全なドッグフードを選んでもらえるように、トイプードル用にドッグフードを選ぶときの基準をお伝えします。

  1. 危険な添加物が使われていないか?
  2. 食物アレルギーの危険は少ないか?
  3. 上質なタンパク質が取れるか?

トイプードル用にドッグフードを選ぶときのポイントはこの3つです。

一番大事なのは、危険な添加物の有無だと、私は思っています。

トイプードル用にドッグフードを選ぶときには、この3つを意識してみてくださいね。

それでもどのドッグフードがいいか迷うという方には、Drケアワンのドッグフードをお勧めします。

トイプードルのひざ関節にも良いグルコサミンなどを配合しながら、危険な添加物なし。

もちろんタンパク質も肉から取れます。

Drケアワンは国産ドッグフードなので、輸送の間にドッグフードが傷んでしまうという心配もありません。

Drケアワン公式サイトをみる