トイプードル

トイプードル用プロマネージの評判は?本当に安全なドッグフードか徹底的に調べてみた

こんにちわ。犬の管理栄養士、めいです。

愛犬とできるだけ長く一緒にいるためにはドッグフード選びも重要だと気づきました。
犬は喋れないから、飼い主である私たちに犬の健康を守る責任がありますよね。

今回は、トイプードル用プロマネージを徹底検証してみます。

私のプロフィール詳しくはこちらです。

トイプードル用にドッグフードを選ぶときの参考になれば幸いです。

トイプードル用プロマネージ

トイプードル用プロマネージはマース・ジャパンのドッグフードです。
他にも犬種別にドッグフードがあります。

トイプードル用プロマネージはトイプードル専用のドッグフードということで、どんな点がトイプードルに良いのかを調べてみました。

  • トイプードルの皮膚のためにラクトフェリンを配合
  • トイプードルの毛艶のためにオイルを配合
  • トイプードルの被毛のために魚のコラーゲンを配合

トイプードルは生まれつきの性質として、皮膚の病気になりやすい犬です。
また垂れ耳なので耳の病気にもなりやすい犬です。

そう言ったトイプードルの気になるところをカバーしてくれるのであれば助かりますね。

トイプードル用プロマネージの原材料は?

トイプードル用に作られたドッグフード「プロマネージ」は本当にトイプードルにとって安全なのでしょうか。

トイプードル用プロマネージの原材料を確認してみましょう。

チキンミールとうもろこし、さとうもろこし、チキンエキス、米、コーングルテン、鶏脂、シュガービートパルプ、家禽類、サンフラワーオイル、フラクトオリゴ糖、トマトパウダー、マリーゴールド、ブルーベリーパウダー、ラクトフェリン、マリンコラーゲン、STPP(トリポリリン酸塩)、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸)、ミネラル類(亜鉛、カリウム、カルシウム、クロライド、セレン、鉄、銅、ナトリウム、ヨウ素、リン)、アミノ酸(タウリン)、酸化防止剤(BHA、BHT、クエン酸、ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物)

いかがでしょうか。

これだけ見ても、トイプードルにとって良いドッグフードなのかわかりにくいですよね。
次に、犬の管理栄養士としての意見ですが、トイプードル用プロマネージがトイプードルにとって安全なのかを検証してみます。

トイプードル用プロマネージは安全?

結論から言いますね。

トイプードル用プロマネージは危険です。

トイプードル用プロマネージの原材料を見て、私が思ったのは、「安全性を疑ってしまうようなドッグフードだなぁ」という感想です。

トイプードルにとって危険なものがたくさん使われているので、順番に説明しますね。

チキンミール

トイプードルは皮膚や毛の状態を良く保つために、上質なタンパク質が必要です。
上質なタンパク質というのは、肉を使ったドッグフードのことです。

全てのチキンミールが悪いわけではないのですが、チキンミールをミール工場から仕入れているドッグフードの場合、粗悪なチキンミールである可能性がとても高いです。

自社工場でこだわって作ったチキンミールなら安心なのですが、ミール工場から仕入れたチキンミールは危険なチキンである可能性が高いのです。

ホルモン剤使いすぎのチキン、抗生剤使いすぎのチキンなどです。

トウモロコシ

トイプードルは涙やけを起こしやすい犬です。
涙やけというのは、鼻涙管が詰まったり、涙が多すぎる場合に起こります。
涙やけの原因の1つに、食物アレルギーが指摘されています。

トウモロコシは犬の消化に悪く、食物アレルギーの原因にもなります。

ただでさえ涙やけを起こしやすいトイプードルなので、食物アレルギーの原因になりうるドッグフードは避けた方が良いですね。

危険な添加物

トイプードルは体が小さい犬なので、危険な添加物は本当にやめた方がいいです。

トイプードル用プロマネージには、合成酸化防止剤としてBHA、BHTが使われていますが、これらは発がん性が指摘されている危険な添加物です。

トリポリリン酸塩は、リン酸塩の一種なのですが、リン酸塩は危険な添加物です。
骨をもろくしたり、腎臓に悪影響を及ぼすなどの危険性が指摘されている添加物です。

トイプードル用のドッグフードで迷ったらコレ!

トイプードル用のドッグフードもたくさんの種類があるので、迷いますよね。

トイプードルにとって安全なドッグフードを選んでもらえるように、トイプードル用にドッグフードを選ぶときの基準をお伝えします。

  1. 危険な添加物が使われていないか?
  2. 食物アレルギーの危険は少ないか?
  3. 上質なタンパク質が取れるか?

トイプードル用にドッグフードを選ぶときのポイントはこの3つです。

一番大事なのは、危険な添加物の有無だと、私は思っています。

トイプードル用にドッグフードを選ぶときには、この3つを意識してみてくださいね。

それでもどのドッグフードがいいか迷うという方には、Drケアワンのドッグフードをお勧めします。

トイプードルのひざ関節にも良いグルコサミンなどを配合しながら、危険な添加物なし。

もちろんタンパク質も肉から取れます。

Drケアワンは国産ドッグフードなので、輸送の間にドッグフードが傷んでしまうという心配もありません。

Drケアワン公式サイトをみる